2022/07/07配信 AmazonのCMから垣間見るターゲット顧客
今日は七夕。
6/24にAmazonサミットが無事に終了して
もう2週間が経とうとしているんですね。
時が経つのは早いです。


先日7泊8日の出張から戻ってきたのですが
西日本を中心に各地で勉強会などを開催してきました。

新しく入って頂いた会員の方ともお話しすることができて
非常に刺激になりましたし、
やはり対面で会うことの重要性をひしひしと感じることができました。


物販オンライン大学では
オンラインで基礎を学びながら、対面で答え合わせをする。
上手に活用して頂くことで売上も利益も伸びます。

悩んでいる方はZOOMで物販オンライン大学について
ご説明をさせて頂きますので、ぜひこのメルマガにご返信くださいね。




さて今回は、最近のAmazonのCMについてお伝えしていこうと思います。
見たことがない方はまずこちらをご覧ください。
↓↓↓※YOUTUBEに移動します↓↓↓
https://m.wt-academy.com/l/u/4dzC97uUg9jqbklO


いかがでしょうか?これを見て、このCMのテーマが
普通のショッピングサイトが提案する様な
=========================================
「買い物を楽しむ事」や「楽しいお買い物体験」では”ない”
=========================================
という事に気づいていますか?


毎日忙しくストレスを抱えていそうな男性が
小さい頃にお父さんと山に登った写真を見て何かを感じ、
Amazonで買い物する事によって節約できた時間を使って
山に登ることでとても貴重な体験をすることができる、というものです。


そして最後にキャッチコピーが出ます。
「その特別な時間が、きっといちばんの特典です」

そう、もはや買い物は雑務、むしろ邪魔なタスクの扱いですね。笑


大事なのは、毎日の忙しい時間の中で
買い物をAmazonでのネットショッピングに置き換えて
手に入った時間、そういう時間を過ごしたいと思う、
忙しくてさっと買い物をしている人たちをターゲットにしており、
そしてメイン顧客になっているのだと思います。

お見せすることは出来ないのですが
Amazonの顧客には年収700万円以上の割合が
他のECモールに比べて多いそうです。


忙しい為、必要な商品を短時間で選択して
購入する必要がある層だと思います。


セラーである私たちは、ちゃんとその層に届く様な商品を販売し、
訴求ができているのか?
プラットフォームであるAmazonが向いている方向に合わせて
もう一度見直した方が良いかもしれないですね。


それではまた次回も一生懸命
お役に立てそうな情報を書いていきますので
ご覧いただけると嬉しいです。
おすすめの記事