2021/9/29配信 【ブランド名を適当につけていませんか?】
本日は“ブランド名を適当に付けると後々大変かも” 
という内容についてお伝えしていきます。 


オリジナル商品作成で必須なのが 
“ブランド名”です。 


自分がつけるブランド名なんて 
誰も知らない知名度ゼロだから 
適当でいいでしょ!て思っている方は 
割と多いようです。 


しかし、これは大間違いなんです。 


なぜかというとこれには3つの理由がありますので 
1つずつ説明していきますね。 


まず1つ目は商標権です。 


Amazonを問わずオリジナル商品販売を進めていく上で 
知的財産権を守っていかなくてはいけません。 


もちろん知名度ゼロの今日名付けた物であっても 
れっきとしたブランドですので保護は必要になります。 


何から保護するのか?ですが 
ブランド名を勝手に使われないように保護をします。 


商標権は早い者勝ちですので、先に登録されてしまうと 
その名前での商標権は取れなくなりますので 
ブランド名を決定する前に事前調査が必要です。 


商標権をすでに取られているかどうか?に関しては 
こちらのサイトで調べることが可能です。 
https://m.wt-academy.com/l/u/DoHLk8qX1hW2ykwC 
特に同じカテゴリーで取られている場合は 
諦めて他の名前に変更しましょう。 


次に2つ目はAmazonでの販売可否です。 


Amazonでは完全に同じブランド名がすでにあると 
そのブランド名では登録ができません。 


大文字を小文字に変えたりして完全一致でなければ 
登録、販売は可能ですがお客様からすると 
似たブランド名はややこしく感じますので 
すでに同じようなブランド名が無いか、 
ブランド名を検索窓に入れて検索してみましょう。 


そのほかにもAmazonでは他のプラットフォームと違い 
相乗りが可能です。 
相乗りをされると売り上げを奪われる為、阻止したい所です。 


実はAmazonブランド登録をすることで 
相乗りをされないように防げるようになるのは非常に有効です。 


Amazonブランド登録に関してはご存知無い方は 
以下のAmazon公式サイトを参考にしてください。 
https://m.wt-academy.com/l/u/ifnFT3oJBaD2k4oi 


3つ目の最後の理由は世の中の認知です。 


Amazonや楽天などのECモール以外でも 
既存の誰かが販売している可能性はあります。 


それを防ぐためにはGoogleなどの検索エンジンで 
ブランド名を検索してみましょう。 


あとはTwitterやインスタグラムなどのSNSでの 
検索も必要です。 


まだ商品を販売をしていなくても、先にメディア運用をしていて 
後から参入される可能性もありますし 
既にフォロワーの方が多くいる場合は、自社の方が真似をしたと 
判断される可能性もあります。 


先に商標を申請して先にとっている人がいた場合は 
商標申請に使った時間もお金も無駄になります。 


先走ってパッケージなどを作成してしまった後で 
却下されたという事例も聞いていますので 
そうならない様にしっかり下調べをしてから 
ブランド名を決定することをお勧めします。 


それではまた次回も一生懸命 
お役に立てそうな情報を書いていきますので 
ご覧いただけると嬉しいです。
おすすめの記事