2021/8/17配信【Amazon広告って必要ですか?】
本日は“Amazon広告って必要ですか?”
という内容についてお伝えしていきます。


これ、ほとんどの方にとっては 
“売上を伸ばすためには必要です” 
が答えなのですが 


一部該当しない場合もありますので 
その辺りを含めて解説していきますね。 


まず、Amazon広告にはいくつか種類があります。 
代表的なものは 

・スポンサープロダクト広告 
・スポンサーブランド広告 
・スポンサーディスプレイ広告 

ですが 
最近は動画広告が注目されていますね。 


ちなみにこの中でもスポンサープロダクト広告が
一番取り組みやすく実績も出やすい広告 
かと思います。 


検索キーワードに対して 
入札額などにより指定商品が 
決められた広告枠に表示される 
というものです。 


Amazonの広告費は年々増加しており 
有名ブランドや型番商品以外は 
検索キーワードから購入される事を考えると 

======================= 
広告で上位表示をさせないと 
買われるどころか見てももらえない 
======================= 

という状況になりがちです。 


ということは自然検索で上位表示されない 
商品を売るためには 
広告の力で上位表示をさせて 
まずは見てもらう、というところが 
必要な条件になってきます。 


これは市場規模が大きく、競合が多い 
カテゴリーや商品は広告が必須と言えます。 


逆にニッチな市場においては 
競合が少ない為、自然検索で 
上位表示がさせやすく 
キーワードによっては広告が不要な場合も 
数多くあります。 


そういう意味でもやはり、資金が少ないセラーは 
ニッチな市場に参入するのがおすすめと言えます。 


また、広告を使って上位表示させても 
レビューがない、もしくは評価が低いと 
クリックだけされて購入に至らない事は多い為 
初級者の方はある程度商品ページのクオリティや 
レビューがついてから広告をかける方が 
費用対効果が上がりやすい為オススメです。 


広告はセッション(アクセス)数をお金で買う、 
という行動です。 


宣伝して、来る人が増えても買う人が少なければ 
広告費が無駄になるだけですので 
優先するのは商品ページの充実やレビュー施策です。 


まずは目の前の出来ることをやった上で 
広告を活用することが優先になります。 


焦らずに実践していきましょう。


広告の詳細や設定に関しては 
後日お伝えしていく予定ですので 
また次回も楽しみにしていてくださいね。 


それではまた次回も一生懸命 
お役に立てそうな情報を書いていきますので 
ご覧いただけると嬉しいです。
おすすめの記事