2021/7/19配信【Amazon物販の過去・現在・未来】
最近よく耳にするのですが
Amazonは初心者が参入しても
稼げなくなった、という声があります。


これ、その人の考え方もあると思いますが
全くそんなことはありません。


簡単に稼ぎにくくなっている
という事はありますが
参入者のレベルが年々上がるので
ビジネスとしては当たり前の事です。


弊社は約4年半前に
個人副業向けAmazon物販スクール として設立しましたが
私個人のAmazon物販歴としては
今年で9年目になります。


私が始めた当時は
中国のサイト(主に淘宝網)から
商品を仕入れて商品ページを作って
そのままAmazonで販売すれば稼げる
という状態でした。


当時はその流れに乗って数多くの
Amazon物販プレイヤーが誕生しました。


細かい変化はあったのですが
5年くらいはそのままでも稼げました。
しかし、少しずつ状況が変わってきます。


以前に比べて圧倒的に中国人セラー
の参入が増えてきて
なんの工夫もない転売品では
価格やレビュー数で対抗できなくなりました。


“商品への改良改善が必須”
の現在へと変わっていきます。


商品改良は既製品仕入れとは異なり
自分の商品の為に原料を調達したり
工場を稼働する必要がある為
最小発注数が大きくなることが殆どです。


発注数が大きくなるという事は
仕入れ価格が高くなる、つまり
最初から資金が必要になってくる
ということに繋がります。


こういう流れから、Amazonは
初心者が稼ぎにくくなっている
という意見が出てきます。


しかし、実際は
商品改良したオリジナル商品を作る前に
まずは小資金からステップアップして
資金を貯めながら稼げる方法を学び


勝算があればオリジナル商品を作って
参入していくということが可能です。


それでは具体的にどう進めれば良いのか?
というお話は次回していきたいと思います。


以前お伝えした
”利益確保路線” の進め方についてです。
楽しみにしていてくださいね。 
おすすめの記事