2021/7/13配信【超重要な売上拡大と利益確保】
本日は、どちらを選ぶか?で
やり方が全く違ってくる2つの事柄について
お伝えしたいと思います。


特に資金が少ない方が選択を間違えると
大きな損失になるので要注意です。


初級者の方は常に意識をして頂き
中級者以上の方は方向性が合っているか
確認をして頂ければと思います。


まず、ビジネスを進めていく上で
非常に重要なことの1つに
「キャッシュフロー」があります。


利益は出ているのに
“黒字倒産”という事にならないように
まずは概念から確認していきます。


黒字倒産とは
商品が売れて帳簿上は利益が出ているにもかかわらず
支払いに必要な資金が不足し、倒産してしまうこと
になります。


そのためには物販で言うところの
仕入などの支払い金と各モールなどからの
入金額のタイミングが重要になります。


そこで重要になってくる2つの考え方があります。


それは
===========
A.売上拡大路線
B.利益確保路線
===========
の2つです。


この名前は私が付けたので
他にスマートな呼び方があるのかも知れません(笑)


このAとBには目的に違いがあり
重要視するコトも全く違います。

==================
A.売上拡大路線
目的:売上の最大化
目標:利益は後で回収
資金:必要であれば融資
優先:在庫切れさせない
商品:増やす傾向
広告:積極的
==================
B.利益確保路線
目的:利益の担保と積み上げ
目標:早急な利益化
資金:手元資金のみ
優先:過剰在庫を持たない
商品:現状維持
広告:消極的
==================

となります。


 Aはとにかく最初からガンガン攻めていきます。
利益化は少し先になることが多いのですが
その分、大きなリターンが見込まれます。


大きな売り上げの為に大きな市場を狙って
商品の差別化をしていくことが前提ですので
最初からOEM(自社ブランドの委託製造)
を見越した行動が必要になり
ある程度の資金と覚悟が必要です。


それに対してBは小資金で無理なく進めていきます。
初級者の方にはおすすめです。
過剰在庫を積まないためには
既製品仕入れが良いです。


ただし、すでに競合がいて
そのままでは売れにくい為
差別化としての工夫が必要になります。


この工夫に関しては
次のテーマとして取り上げてみたいと思います。


Bの方はとにかく
無理せず少しだけ仕入れをして
利益が出ても商品数や在庫数を増やさず
同じ利益を毎月残すことを目標として
コツコツと利益を積み重ねていきましょう。


人も会社もそれぞれ
使える資金や環境が違います。
当然、取る戦略や戦術も違ってきます。 


重要なことはステップアップです。
難易度としてはAもBも数年前に比べて
上がってきていますが
飽和しているとか、もう遅いという事はありません。


今から始めても稼ぐ人や会社はたくさんあります。
正しい知識と考え方で諦めずに積み上げていけば
必ず利益が出ます。


ご自身が目指すのはAかBか?
まずはこれを決めて継続してみてくださいね。
おすすめの記事